2008年06月15日

緊急時の連絡方法

大きな地震3570.jpg

被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

     心配3589.jpg

災害時には、家族の安否を気遣い、一斉に電話電話をかけるので
一般回線は混雑し電話がかかりにくくなります。
携帯電話携帯電話の方が固定電話より繋がりやすいらしいのですが、
混雑するとかかりにくくなるのは同様です。
救助に当たる方などが本部と連絡を取る手段として携帯電話携帯電話
使うことも増えてきたそうで、その方たちの電話が繋がりにくく
なるのは困りますよね顔(汗)
そんな時は災害伝言ダイヤル(NTTで171)を使ったり
すぐに連絡をとりたい場合、公衆電話を使うとかかりやすいです。
公衆電話は非常回線、つまり緊急回線なので一般回線より
かかりやすくなります。
最近はずいぶん数を減らした公衆電話ですが、駅や公園、公共施設
(公民館とか役所)、携帯を使えない病院病院などは設置している所が
多いので、自分の住む場所の近くの公衆電話をチェックしておくと
いいですよ。

     これ以上3598.jpg

今日は京都1ポイントはお休みいたします。m(_ _)m

               にほんブログ村 犬ブログ ダックスフンドへ

       いつ造ありがとうございます。ポチッとお願いします。

ニックネーム まいける母 at 10:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 防災関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
被災者の安否、一番気になっているのに
電話が繋がらない…
オカンの親戚も秋田に住んでおり
皆無事だったのですが
やはり今回も電話が
繋がりにくかったです。
公衆電話も使う人が少なくなって
今は探すほうが大変。
場所を確かめておく事、大事ですよね。

本当に被災地の方々が早く安心して
元の生活を取り戻せますように
祈るばかりです。
Posted by ルーフィーおかん at 2008年06月15日 17:25
まいける母 様

中国で大きな地震が有った後だっただけに
不安は倍増でしたね(>_<)

行方不明の方が早く無事で見付かる事を祈らずには居られません。
これが東京でと思うとゾッとします(((( ;゚д゚)))アワワワワ
お互い充分に心構えをして置きたいですね。
Posted by at 2008年06月15日 18:14
かわいい ルーフィーおかんさんへ

阪神淡路震災が起こったとき、私は今の会社に
転職して間もない頃でした。
当時の先輩は私に会社から友人のところへ電話するのを
快く思わなかったらしく(遠距離電話だったし)
公衆電話を使うように言いました。
結果、それが功を奏しすぐに友人宅に繋がりました。
彼女から伝言を受けて、私は彼女の実家に
無事を知らせました。
お母様は朝早くから電話をかけ続けるも、繋がらず
長い時間を過したそうです。

被災地に知っている人がいなくても、やっぱり
気がかりだし心配です。
被害がこれ以上拡大しない事を願っています。
Posted by まいける母 at 2008年06月15日 21:56
かわいい 柊さんへ

耐震という意味では、中国よりも耐震構造の
建物が多いですが、古い木造の建物はやはり
心配ですよね顔(汗)

東京で同じ規模の地震を想定した場合、建物の
倒壊と同じくらい怖いのは津波です。
日本でも津波を経験している人は少ないですからね。
情報収集と非難準備は頭に入れておかないと
いけませんね。顔(汗)
Posted by まいける母 at 2008年06月15日 22:00
へぇ〜公衆電話の方がかかりやすいなんて
知りませんでしたかわいい
お兄ちゃんの実家が新潟で前の中越地震の時
連絡がなかなかつかなくって大変でした。
お家の電話も携帯もどっちも混雑して
何時間もかけ続けて夜遅くなって
やっと繋がったのです。
今度何かあったら公衆電話からにします。
って何もない方がいいのだけど・・・
最近公衆電話見かけないですよね・・・
公衆電話の場所も確認しとかなくちゃ。
ホント母さんのブログには感謝ですわーい(嬉しい顔)
Posted by nao at 2008年06月15日 22:18
かわいい naoさんへ

コンサートチケットを取るとき、一般電話より
公衆電話からかけたほうが繋がりやすかった
という経験ありません?
ファンクラブ優先情報とかもらっても、全然
電話が繋がらなくて優先情報をもらってない
人がチケット取れたりして。
何でだろうと思ったら、公衆電からかけている人
多かったんですよ。常に非常回線なんですね顔(イヒヒ)

そうですよね。何にも無いことが一番Good
天災が起こらないことを祈るばかりです顔(笑)
Posted by まいける母 at 2008年06月16日 09:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1411763
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック