2010年12月01日

問題はお金の使われ方

顔(笑)おはようございます。母ちゃんです。昨日はコメントやメールで貴重なご意見いただき
有難うございます。
大切な命を守るための税金なら払っても母ちゃんかまいません。むしろ賛成
でも無責任な飼主がなんの処分も受けず、可哀想な命を処分するというお金は、
母ちゃん一円たりとも払いたくありません。

00000198.jpg

皆さん(ここではワンコを飼っている人が殆どなのでワンコに限定してお話しますが)
新しい家族を受け入れたとき、各市町村に登録をし、鑑札票を受け取り、予防注射を
受けたりしませんか?
コレって、ペットにかかる税金の一環で、すでに私達はペット課税に等しい税金を
課せられているように思います。だって義務と称して払っているのって税金でしょ?

00000193.jpg

では、ペットのために払ったお金はどこに流れているのか? 
実はコレ、一般財源として各自治体の様々な分野で活用されていますが、ペットのためには
殆ど使われていない・・・ということになります。使われているとしたら、それこそ
既に処分場で使われた処分費になっているのではないでしょうか?

今回のペット課税だって、徴収されたあと実は何に使われるか解からないんですよ。
この税収を徴収を法案化したところで使用用途については今のところ、処分費以外の名目文言が
見られないところをみると、他の使い道なんかまるで考えていないみたいだし。
徴収後何に使っても問う人もいないからとりあえず取っとけばいいや・・・ぐらいに思っているのでは?

00000194.jpg

母ちゃんは、ちゃんと命を繋ぐ為にかかる費用として計上する税金だとはっきり明記してくれれば
課税は反対ではないんです。多分皆さんだって尊い命を守るために使われる税金だったら
頭から反対しないと思いますよ。
まず、命を守ること。そのために何をするべきか明確にする事。その用途のみに税金を使う事を明示し、
責任を負う事。その上で民主党が「ペットに課税したい」と、ペットを家族と思う国民に問えばいい。
小さな命を自分の家族として置き換えて考える事も出来ないくせに、その命一つ満足に守れずにいる人達が、はたして国民を守れるんでしょうかね?

                    にほんブログ村 犬ブログ ロングヘアードダックスフンドへ
 

ニックネーム まいける母 at 10:00| Comment(14) | TrackBack(0) | ちょっと真面目な話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
母さん こんにちはぁ〜♪

ホントお金の使われ方は明確にして貰わないと
絶対払いたくないですよね。。。
可哀想なワンコを救う為だったら全然構わないけど・・・
でも税やお金とは別に
やっぱり可哀想なワンコを減らす為にまず買う段階から
見直さないと直らない問題だよね。。。

可哀想なワンコが1頭でも減りますよぉに・・・
Posted by nao at 2010年12月01日 12:06
税金や特別会計は世界一です どうして豊かな暮らしができないのかなあ 近所の役人はアウディとか高級車乗り回してます。官僚の安い高級団地に住んで
Posted by リモナパパ at 2010年12月01日 16:50
まいける母さん今晩は夜
官僚たちの考えは市民を辛くさせてるだけのようです。
新しい家族を受け入れた時、各市町村に登録をして鑑札票を受け取りますね。
考えてみたら税金ですよあせあせ(飛び散る汗)
取れるようなところから少しでも徴収しょうと言う考え方がまさに浅はかですよね。
どうあれ税金を明確にして欲しいものです。
マイケル君はさみしてパピーのお顔みたいで可愛いなぁ揺れるハート
Posted by yuki at 2010年12月01日 17:22
ペット課税?にはほんと腹が立ちますね犬(怒)
ワンコたちだって立派な家族の一員なんだから
ワンコ手当てをもらいたいくらいなのに
もう民主党許せないです顔(ぷんっ)
まいける君なんだか若くなったね顔(イヒヒ)
一瞬あれっ?誰だろうとおもっちゃいました
Posted by あやこ at 2010年12月01日 18:38
かわいい naoちゃんへ

なんかこのことだけでなく、私達の納めた税金て
なんに使われているんだかね。
そりゃぁ、ちゃんとした行政に使われているだろうケド
本当は足りてる財源を天下りの官僚の退職金を考えると
全然足りないからもっと税金を国民から絞っとかなきゃ・・・
なんてことになってたら激怒だね。
可哀想なペットを減らす為に、ショップのあり方や
飼主としての教育講座なんかをやったほうがいいかもね。
まずは飼主となる人間の教育をすべきかも。
Posted by まいける母 at 2010年12月01日 21:09
かわいい リモナパパさんへ

そうなんですよ。なんか官僚の贅沢な暮らしをさせるために
税金納めてるような気になるときがあるんですよね。
そんな優雅な生活送っている官僚ほど仕事してない気がします。
だって仕事している官僚って忙しくて優雅な生活送る
時間がないよに思うんですよ。
Posted by まいける母 at 2010年12月01日 21:15
かわいい yukiさんへ

鑑札票にかかるお金は義務で払うから、やっぱり税金の一環ですよね。
まずはそれを一般財源から避けて、今抱えるペット問題を
解決するために有意義に使って欲しいわよね。
根本を変えていけば、きっと悲しい結末を迎えるペットは減っていくと思うし。

マイケルってマズルが短いから、人間で言うところの童顔なのよ犬(笑)
Posted by まいける母 at 2010年12月01日 21:23
かわいい あやこさんへ

ペット課税はその響きとは裏腹な内容で腹が立つよね。
家族の一員だから住民税だと思って税金を納めるのには
反対しないけど、民主党の考える内容が内容なだけに
裏切られ度が倍増ですよ。

マイケルはこの時期いつも季節はずれのサマーカットです。
毛が短いとパピー時代を思い出すよね犬(笑)
Posted by まいける母 at 2010年12月01日 21:29
本当にペットを
飼っている人が
納得して払えるような
税ならいいですが、
不透明だと
本当に捨てる人が
増えると思います。
Posted by チャック・ヴィヴィママ at 2010年12月01日 21:31
かわいい チャック・ヴィヴィママさんへ

ペットの殺処分が増えるのは、人間が簡単に命を捨てるからよね。
その根本を変えないと何時までたっても負の連鎖は続くから
そんな飼主の意識を変えるようなことにお金を使って欲しいよね。
ペットと飼主双方が幸せを感じる世の中になるといいね。
Posted by まいける母 at 2010年12月01日 21:36
マイケル母さん!こんばんは〜!
私もかなり憤りを感じています。どうして?責任感もなく!流行りだけでワンコを迎え入れて嫌になったら平気で処分するような人の手助けをしてあげなきゃいけないの? それは絶対におかしい。 里親団体に補助を出すっていうなら別よ!捨てられてしまったワンコを幸せにするためなら多少の痛みは我慢します。でもね!その税金はハッキリいって殺人ほう助じゃない? あり得ません・・
住民票発行してくれるかな? 年末調整の時に扶養家族として認めてくれるのかな?保険証はくれるの?っていろいろ聞いてみたいね!♪
Posted by ミキコタママ at 2010年12月01日 23:29
まいける母 様

おはようー(*゚ー゚)vオハヨ♪
ペット課税ともなれば皆盛り上がりますね。
本当に価値の有る使い方をしてくれるなら
問題は無いのですが。。。
日々のニュースを賑わすくだらない失言や失態問題がく〜(落胆した顔)
余りにも馬鹿馬鹿しくて、こんな奴らにペット課税の正しい使い道が選べるのか(・・?
と疑問に感じる今日この頃です。
選挙は大事だけれど、選挙の時にしか頭を下げない先生達に正直嫌気がさしてますよ。
ペットはちゃんと生きてるんだから、物扱いにして欲しくないですね。
Posted by at 2010年12月02日 08:38
かわいい ミキコタママさんへ

出張お疲れさまでした。
無責任な飼い主が多くなって処分費がかかるからって
ちゃんと飼っている人からそのお金を取るなんて
絶対おかしいよねむかっ(怒り)殺人幇助、まさにそれよexclamation
処分場に連れて来る人や簡単に捨てる人に払わせる方が
まだ理にかなっているわ。
でも、そんな所でお金のやり取りしても結局は無責任な飼い主は
増えることはあっても減らない気がする。
ペットの地位の見直しと、飼い主の資質向上にお金を使ってほしいよ。
Posted by まいける母 at 2010年12月02日 10:18
かわいい 柊さんへ

おはよう顔(笑)
ペット課税、課税と言うか住民税のような感覚で払いたいのに
民主党が言っているお金の活用の仕方はあり得ないむかっ(怒り)
柊さんの言う通り、くだらない失言や失態問題ばっかりで
国民に関するまともな審議も出来ない人達だから
まともなペット課税の論議も出来ないでしょうね。
そうなの、どんな命でも物扱いにしない!物ではないって所から
考え直してほしいよ。
Posted by まいける母 at 2010年12月02日 10:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2472186
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック